先輩、実はもう開発済みです〜あとはもう挿れるだけの穴〜 (1) (1話) | 和式トイレット

先輩、実はもう開発済みです〜あとはもう挿れるだけの穴〜 (1) (1話)



和式トイレット

「先輩のケツマ○コ、ものすごくスケベな色してます…」普段はキリッと決めている俺は家では超ズボラ人間。趣味が家事だというイケメン後輩・墨谷に合鍵まで渡し、毎日ぬくぬく世話を焼かれていた。そんなある日、夜中にふと目が覚めると下半身に強烈な違和感が。薄目を開ける,,,

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フリーエリア