紅椿 分冊版 3 (3話) | 三田六十

紅椿 分冊版 3 (3話)



三田六十

鬼はあいつかそれとも俺か――。鬼の存在が信じられたその昔。混血ゆえに村から離れ一人で暮らす佐吉は山で鬼の赤子を拾いアカと名付け育てる。言葉は通じないが心は通じ合っていると思った矢先、アカの野生の本能が牙をむき…。孤独な青年×言葉の通じない鬼成,,,

サンプルを読む

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
フリーエリア